See more details
Title List
ネコの毛の色や模様は、実にバリエーション豊かだ。白、黒、グレー。茶トラにサビ、三毛。一匹一匹、それぞれ微妙に違う個性が、またネコの魅力のひとつだったりする。『エーゲ海のねこ』にも、いろんな色や柄のネコたちが載っているけれど...あらためて読み返してみたら、あることに気がついた。白はなんと、たったの一匹だけだった。まる12年、シエスタの町を歩いてきたけれど、そういえば白一色のネコはあまり印象がない。エー...

Read More »

「暑い日はネコについて行けば、涼しいところに連れて行ってくれる」もう何年も前のことだけど、あるテレビ番組でそんな企画があった。酷暑の日に某タレントさんが、野良ネコの後をひたすら尾行。結果、焼けたアスファルトの駐車場のど真ん中にごろりと寝転ぶ羽目になる...という落ちだった。同じことを、シエスタの町で何度か試したことがある。もっとも、お陽さまが燦々と降り注ぐ日中は、ネコたちは日陰でお昼寝中。なので、ピ...

Read More »

ランチにしようと、とあるタヴェルナを訪ねた。ランチと言っても、お昼はとっくに過ぎて、すっかりシエスタの時間。おまけに、バカンスシーズンが去って秋の風が吹いている。だから、客は誰もいない。すぐ目の前には小さな桟橋があって、朝にはそこに漁船が横付けして魚の売買が行われていた。エーゲ海の小さな島には、店舗を構えた魚屋というものは無い。魚を得るには港で漁師から直接買い付けるか、その魚をピックアップトラック...

Read More »

秋の一枚。10月に入ると、バカンスを楽しんだ客は去ってゆく。夏の間は人々でごった返していた店や宿も、日を追うごとに閉まってゆく。シエスタの町が本来の静けさを取り戻す季節だ。夏の間、嫌というほど照りつけたお陽さまも幾分おとなしくなり、エーゲ海からは一層爽やかな風が通り抜けてゆく。聞こえてくるのはさざ波のちゃぷちゃぷという音と、カモメの鳴き声くらい。静かで穏やかな、それらしい昼下がりだ。そんなある日の、...

Read More »

7月。いよいよ、夏本番。この時期、エーゲ海には世界中からバカンス客がやってくる。有名なリゾート地はもちろん、いつもはひっそりとしているシエスタの町も、これからの2ヶ月はちょっとしたお祭り騒ぎだ。力強く燦々と照りつける太陽は、人々をビーチへと誘い出し...夜の涼風は、明け方まで飲み明かす酔いどれ客を見届ける。そんな様子が来る日も来る日も続くのが、暑い熱い夏のエーゲ海の風物詩だ。日本の夏も暑いけれど、エー...

Read More »

Recent Pics

『エーゲ海のねこ シエスタの町から』エピソード・24

ネコの毛の色や模様は、実にバリエーション豊かだ。白、黒、グレー。茶トラにサビ、三毛。一匹一匹、それぞれ微妙に違う個性が、またネコの魅力のひとつだったりする。『エーゲ海のねこ』にも、いろんな色や柄のネコたちが載っているけれど...あらためて読み返してみたら、あることに気がついた。白はなんと、たったの一匹だけだった。まる12年、シエスタの町を歩いてきたけれど、そういえば白一色のネコはあまり印象がない。エー...

『エーゲ海のねこ シエスタの町から』エピソード・23

「暑い日はネコについて行けば、涼しいところに連れて行ってくれる」もう何年も前のことだけど、あるテレビ番組でそんな企画があった。酷暑の日に某タレントさんが、野良ネコの後をひたすら尾行。結果、焼けたアスファルトの駐車場のど真ん中にごろりと寝転ぶ羽目になる...という落ちだった。同じことを、シエスタの町で何度か試したことがある。もっとも、お陽さまが燦々と降り注ぐ日中は、ネコたちは日陰でお昼寝中。なので、ピ...

『エーゲ海のねこ シエスタの町から』エピソード・22

ランチにしようと、とあるタヴェルナを訪ねた。ランチと言っても、お昼はとっくに過ぎて、すっかりシエスタの時間。おまけに、バカンスシーズンが去って秋の風が吹いている。だから、客は誰もいない。すぐ目の前には小さな桟橋があって、朝にはそこに漁船が横付けして魚の売買が行われていた。エーゲ海の小さな島には、店舗を構えた魚屋というものは無い。魚を得るには港で漁師から直接買い付けるか、その魚をピックアップトラック...

『エーゲ海のねこ シエスタの町から』エピソード・21

秋の一枚。10月に入ると、バカンスを楽しんだ客は去ってゆく。夏の間は人々でごった返していた店や宿も、日を追うごとに閉まってゆく。シエスタの町が本来の静けさを取り戻す季節だ。夏の間、嫌というほど照りつけたお陽さまも幾分おとなしくなり、エーゲ海からは一層爽やかな風が通り抜けてゆく。聞こえてくるのはさざ波のちゃぷちゃぷという音と、カモメの鳴き声くらい。静かで穏やかな、それらしい昼下がりだ。そんなある日の、...

『エーゲ海のねこ シエスタの町から』エピソード・20

7月。いよいよ、夏本番。この時期、エーゲ海には世界中からバカンス客がやってくる。有名なリゾート地はもちろん、いつもはひっそりとしているシエスタの町も、これからの2ヶ月はちょっとしたお祭り騒ぎだ。力強く燦々と照りつける太陽は、人々をビーチへと誘い出し...夜の涼風は、明け方まで飲み明かす酔いどれ客を見届ける。そんな様子が来る日も来る日も続くのが、暑い熱い夏のエーゲ海の風物詩だ。日本の夏も暑いけれど、エー...