See more details
Title List
ギリシャ文字はカッコイイ!そう思うのは、私だけだろうか?。一見、英語のアルファベットに似ているけれど、よく見れば読めない文字が混ざっている...。そんな独特の字体に、何故か心惹かれてしまう。何気なく使っているけれど、世の中のいろいろな言葉にはギリシャ語が語源のものが本当にたくさん存在する。ギリシャ文字もなにかと多く使われていて、日本ではクルマや電器製品など、工業製品のネーミングによく用いられている。...

Read More »

シエスタの町の人はペンキ塗りが好きだ。いや、好きとか嫌いとかじゃなく、そうせざるを得ないと言ったほうがいいだろう。なにしろ、サングラス無しでは眩しくて目を開けていられないほど、真っ白に塗られた町並み。少しでも掃除を怠けてしまうと、汚れが目立ってしまう。一年中そこに住んでいる人ならともかく、多くのホテルやタヴェルナやショップは秋の半ばから翌年の夏の始まりまでクローズしてしまう。その間に、遥かアフリカ...

Read More »

皆さんは寝る時に「枕」をお使いのことだろう。私は常日頃から肩凝りが酷い。原因はいろいろと考えられるのだけれど...そのひとつが「枕が合っていない」ことらしい。あれこれと買い替えてみるものの、しっくりくるものにはなかなか出会えず。今、何を使っているかというと、大きなバスタオルを適当に丸めたもの。簡単に好みの形にできるし、おかげでよく眠れるのだけど...、それでも肩凝りはどうにも治らない。さて、枕。ヒトはそ...

Read More »

白い壁に青い窓や扉、そしてマゼンタが鮮やかなブーゲンビリア...見た目にも爽やかなシエスタの町は、ただぶらぶらと宛てもなく歩くだけで楽しいものだ。昼下がりのシエスタの時間は出歩く人も少なく、ゆったりと落ち着いた時間が流れている。日射しこそ強くて暑いけれど、エーゲ海からの涼風が心地よい。表通りから一本入った路地裏は、ひときわ静かな世界。日陰でお昼寝を楽しんでいるネコたちの寝息さえ聞こえてきそう。私はそ...

Read More »

エーゲ海にぷかぷかと浮かぶ島々。お陽さまが燦々と降り注ぎ、潮風が爽やかに駆け抜ける...多くの方は、そんなイメージをお持ちかもしれない。そして、実際そのとおりだ。6月から9月にかけては、観光のベストシーズン。その間、雨の日はほとんど無く、乾燥した強い陽射しの日が続く。青い空と碧い海が広がる、エーゲ海らしい季節だ。...だけど、いつもそうとは限らない。時には一変、荒れ狂うことだってある。その様はまるで、スヤ...

Read More »

Recent Pics

『エーゲ海のねこ シエスタの町から』エピソード・18

ギリシャ文字はカッコイイ!そう思うのは、私だけだろうか?。一見、英語のアルファベットに似ているけれど、よく見れば読めない文字が混ざっている...。そんな独特の字体に、何故か心惹かれてしまう。何気なく使っているけれど、世の中のいろいろな言葉にはギリシャ語が語源のものが本当にたくさん存在する。ギリシャ文字もなにかと多く使われていて、日本ではクルマや電器製品など、工業製品のネーミングによく用いられている。...

『エーゲ海のねこ シエスタの町から』エピソード・17

シエスタの町の人はペンキ塗りが好きだ。いや、好きとか嫌いとかじゃなく、そうせざるを得ないと言ったほうがいいだろう。なにしろ、サングラス無しでは眩しくて目を開けていられないほど、真っ白に塗られた町並み。少しでも掃除を怠けてしまうと、汚れが目立ってしまう。一年中そこに住んでいる人ならともかく、多くのホテルやタヴェルナやショップは秋の半ばから翌年の夏の始まりまでクローズしてしまう。その間に、遥かアフリカ...

『エーゲ海のねこ シエスタの町から』エピソード・16

皆さんは寝る時に「枕」をお使いのことだろう。私は常日頃から肩凝りが酷い。原因はいろいろと考えられるのだけれど...そのひとつが「枕が合っていない」ことらしい。あれこれと買い替えてみるものの、しっくりくるものにはなかなか出会えず。今、何を使っているかというと、大きなバスタオルを適当に丸めたもの。簡単に好みの形にできるし、おかげでよく眠れるのだけど...、それでも肩凝りはどうにも治らない。さて、枕。ヒトはそ...

『エーゲ海のねこ シエスタの町から』エピソード・15

白い壁に青い窓や扉、そしてマゼンタが鮮やかなブーゲンビリア...見た目にも爽やかなシエスタの町は、ただぶらぶらと宛てもなく歩くだけで楽しいものだ。昼下がりのシエスタの時間は出歩く人も少なく、ゆったりと落ち着いた時間が流れている。日射しこそ強くて暑いけれど、エーゲ海からの涼風が心地よい。表通りから一本入った路地裏は、ひときわ静かな世界。日陰でお昼寝を楽しんでいるネコたちの寝息さえ聞こえてきそう。私はそ...

『エーゲ海のねこ シエスタの町から』エピソード・14

エーゲ海にぷかぷかと浮かぶ島々。お陽さまが燦々と降り注ぎ、潮風が爽やかに駆け抜ける...多くの方は、そんなイメージをお持ちかもしれない。そして、実際そのとおりだ。6月から9月にかけては、観光のベストシーズン。その間、雨の日はほとんど無く、乾燥した強い陽射しの日が続く。青い空と碧い海が広がる、エーゲ海らしい季節だ。...だけど、いつもそうとは限らない。時には一変、荒れ狂うことだってある。その様はまるで、スヤ...